2014年6月15日日曜日

「私にはその価値がない!」- Being に抵抗する習慣、 - 03 

 「私にはその価値がない!」- Being に抵抗する習慣、 - 03
「私にはその価値がない!」
その価値がない -「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する習慣、 - 03 

制限を回復するには - 説明と開放の手順 - 5. いい感情を手放す 


自己の制限のない自然な状態が、Beingness である。

「存在の状態 (Beingness)」は、
「健康」も「不健康・病弱 (病気)」もありません。
「幸福」も「不幸」もありません。
「繁栄」も「衰微 (衰退)」もありません。
「成功」も「失敗」もありません。
「豊か」も「乏しい」もありません。
「富む」も「貧しい」もありません。
「好き」も「嫌い」もありません。
「善」も「悪」もありません。
「平和」も「戦争」もありません。
「憎」も「憂い・愁い」もありません。
愛と喜びに満ちた、
平安と静寂だけが、あります。









  • 「健康」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「幸福」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「繁栄」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「成功」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「豊か」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「富む」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「好き」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「善」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「平和」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「愛」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「喜び」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。

  •  感情のチャートの「勇気」「受容」「平安」と悟りの段階は、一致しています。

     「無気力・無関心」から「プライド」の状態は、エゴとマインド (自我) が、主体 (私) になり、Having, Doing, Being しています。
     社会的に有名になり成功して繁栄している人が、数多くいます。

     「勇気」「受容」「平安」(悟りの段階) に入っている人は、雰囲気や
     「見ためではわかりません。」

     唯一の違いは、「私が肉体ではない。」という事実を受け入れています。自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れています。
     (この世界は、「諸行無常」である。万物流転する。実在しない。心が作り出した幻である。変化して滅ぶものである。変わらない物は無い。この世界に真理は無い。)

    レスター・レヴェンソンのリリーシングは、自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れます。
    自分を変えることではなく、エゴとマインド (自我) が、作り出した制限を手放すことで、制限のない状態が、自然に現れるようになります。

     「イメージング (ヴィジュアライゼーション)」や「ポジティブシンキング」や「アファメーション」などは、取り入れなくてもできます。

    例:Being に抵抗する習慣

    その価値がない」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。 

    「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している環境を得て生活を送るようになりました。」

    お金を持たないこととお金を持つこと









  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収入のある生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した投資から収益を得ている生活を送るようになりました。」

    家を持たないことと家を持つこと

  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収益を得ている生活を送るようになりました。」

  • ページ内リンク (スクロールします)
     

    平安 -「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する習慣、 - 02


    平安 -「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する習慣、 - 02 

    制限を回復するには - 説明と開放の手順 - 5. いい感情を手放す 


    自己の制限のない自然な状態が、Beingness である。

    「存在の状態 (Beingness)」は、
    「健康」も「不健康・病弱 (病気)」もありません。
    「幸福」も「不幸」もありません。
    「繁栄」も「衰微 (衰退)」もありません。
    「成功」も「失敗」もありません。
    「豊か」も「乏しい」もありません。
    「富む」も「貧しい」もありません。
    「好き」も「嫌い」もありません。
    「善」も「悪」もありません。
    「平和」も「戦争」もありません。
    「憎」も「憂い・愁い」もありません。
    愛と喜びに満ちた、
    平安と静寂だけが、あります。






  • 「健康」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「幸福」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「繁栄」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「成功」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「豊か」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「富む」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「好き」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「善」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「平和」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「愛」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「喜び」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。

  •  感情のチャートの「勇気」「受容」「平安」と悟りの段階は、一致しています。

     「無気力・無関心」から「プライド」の状態は、エゴとマインド (自我) が、主体 (私) になり、Having, Doing, Being しています。
     社会的に有名になり成功して繁栄している人が、数多くいます。

     「勇気」「受容」「平安」(悟りの段階) に入っている人は、雰囲気や
     「見ためではわかりません。」

     唯一の違いは、「私が肉体ではない。」という事実を受け入れています。自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れています。
     (この世界は、「諸行無常」である。万物流転する。実在しない。心が作り出した幻である。変化して滅ぶものである。変わらない物は無い。この世界に真理は無い。)

    レスター・レヴェンソンのリリーシングは、自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れます。
    自分を変えることではなく、エゴとマインド (自我) が、作り出した制限を手放すことで、制限のない状態が、自然に現れるようになります。

     「イメージング (ヴィジュアライゼーション)」や「ポジティブシンキング」や「アファメーション」などは、取り入れなくてもできます。

    例:Being に抵抗する習慣

    平安」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。 

    「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している環境を得て生活を送るようになりました。」

    お金を持たないこととお金を持つこと






  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収入のある生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した投資から収益を得ている生活を送るようになりました。」

    家を持たないことと家を持つこと

  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収益を得ている生活を送るようになりました。」

  • ページ内リンク (スクロールします)
     

    お金が嫌い -「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する習慣、 - 03


    お金が嫌い -「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する習慣、 - 03 

    制限を回復するには - 説明と開放の手順 - 5. いい感情を手放す 


    自己の制限のない自然な状態が、Beingness である。

    「存在の状態 (Beingness)」は、
    「健康」も「不健康・病弱 (病気)」もありません。
    「幸福」も「不幸」もありません。
    「繁栄」も「衰微 (衰退)」もありません。
    「成功」も「失敗」もありません。
    「豊か」も「乏しい」もありません。
    「富む」も「貧しい」もありません。
    「好き」も「嫌い」もありません。
    「善」も「悪」もありません。
    「平和」も「戦争」もありません。
    「憎」も「憂い・愁い」もありません。
    愛と喜びに満ちた、
    平安と静寂だけが、あります。








  • 「健康」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「幸福」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「繁栄」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「成功」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「豊か」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「富む」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「好き」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「善」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「平和」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「愛」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「喜び」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。

  •  感情のチャートの「勇気」「受容」「平安」と悟りの段階は、一致しています。

     「無気力・無関心」から「プライド」の状態は、エゴとマインド (自我) が、主体 (私) になり、Having, Doing, Being しています。
     社会的に有名になり成功して繁栄している人が、数多くいます。

     「勇気」「受容」「平安」(悟りの段階) に入っている人は、雰囲気や
     「見ためではわかりません。」

     唯一の違いは、「私が肉体ではない。」という事実を受け入れています。自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れています。
     (この世界は、「諸行無常」である。万物流転する。実在しない。心が作り出した幻である。変化して滅ぶものである。変わらない物は無い。この世界に真理は無い。)

    レスター・レヴェンソンのリリーシングは、自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れます。
    自分を変えることではなく、エゴとマインド (自我) が、作り出した制限を手放すことで、制限のない状態が、自然に現れるようになります。

     「イメージング (ヴィジュアライゼーション)」や「ポジティブシンキング」や「アファメーション」などは、取り入れなくてもできます。

    例:Doing に抵抗する習慣

    「お金が嫌い」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。 

    「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している環境を得て生活を送るようになりました。」

    お金を持たないこととお金を持つこと








  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収入のある生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した投資から収益を得ている生活を送るようになりました。」

    家を持たないことと家を持つこと

  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収益を得ている生活を送るようになりました。」

  • ページ内リンク (スクロールします)
     

    2014年6月14日土曜日

    衰微 (衰退) -「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する活動、 - 03


    衰微 (衰退) -「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する活動、 - 03 

    制限を回復するには - 説明と開放の手順 - 5. いい感情を手放す 


    自己の制限のない自然な状態が、Beingness である。

    「存在の状態 (Beingness)」は、
    「健康」も「不健康・病弱 (病気)」もありません。
    「幸福」も「不幸」もありません。
    「繁栄」も「衰微 (衰退)」もありません。
    「成功」も「失敗」もありません。
    「豊か」も「乏しい」もありません。
    「富む」も「貧しい」もありません。
    「好き」も「嫌い」もありません。
    「善」も「悪」もありません。
    「平和」も「戦争」もありません。
    「憎」も「憂い・愁い」もありません。
    愛と喜びに満ちた、
    平安と静寂だけが、あります。













  • 「健康」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「幸福」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「繁栄」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「成功」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「豊か」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「富む」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「好き」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「善」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「平和」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「愛」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「喜び」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。

  •  感情のチャートの「勇気」「受容」「平安」と悟りの段階は、一致しています。

     「無気力・無関心」から「プライド」の状態は、エゴとマインド (自我) が、主体 (私) になり、Having, Doing, Being しています。
     社会的に有名になり成功して繁栄している人が、数多くいます。

     「勇気」「受容」「平安」(悟りの段階) に入っている人は、雰囲気や
     「見ためではわかりません。」

     唯一の違いは、「私が肉体ではない。」という事実を受け入れています。自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れています。
     (この世界は、「諸行無常」である。万物流転する。実在しない。心が作り出した幻である。変化して滅ぶものである。変わらない物は無い。この世界に真理は無い。)

    レスター・レヴェンソンのリリーシングは、自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れます。
    自分を変えることではなく、エゴとマインド (自我) が、作り出した制限を手放すことで、制限のない状態が、自然に現れるようになります。

     「イメージング (ヴィジュアライゼーション)」や「ポジティブシンキング」や「アファメーション」などは、取り入れなくてもできます。

    例:Being に抵抗する活動

    衰微 (衰退) 」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。 

    「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している環境を得て生活を送るようになりました。」

    お金を持たないこととお金を持つこと













  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収入のある生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した投資から収益を得ている生活を送るようになりました。」

    家を持たないことと家を持つこと

  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収益を得ている生活を送るようになりました。」

  • ページ内リンク (スクロールします)




    ----------
    Beingness 状態 (領域) には、
    Havingness 状態 (領域) と、Doingness 状態 (領域)を越えて入ります。
     そのために、
    • Having に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。
    ----------
    「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する、

    Having に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。
    項目
    「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する活動、 
    「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する習慣、 
    「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する性格、  
    「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する条項、
    •  Doing に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。 
    ----------
    「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する、
    Doing に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。
    項目
    「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する活動、 
    「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する習慣、 
    「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する性格、  
    「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する条項、 
    •  Being に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。
    ----------
    「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する習慣、
    Being に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。
    項目
    「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する活動、 
    「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する習慣、 
    「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する性格、  
    「私は、何に抵抗しますか?」- Being に抵抗する条項、 
    ----------
    衰微 (衰退) 」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。 

    「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している環境を得て生活を送るようになりました。」


    注記:Having 「考えること」も含まれる。

    ----------
    注記:Doing
    私はこうしています」の方向を見ること

    だから、あなたの方向 (Doing) は、残っていた。そしてあなたに何が起こっているかのために、全責任を負うこととなります。


    それから、「私はこうしています」の方向を見ることによって、あなたは、そうであるのを見ます!
    注記:
    「私はこうしています」の方向を見ることによって、:潜在意識 (無意識) で、自分が見ている方向を、意識的に探ることによって、
    あなたは、そうであるのを見ます!:自分が、見ていた方向を知ることができる。

    衰微 (衰退) の状態 (衰微 (衰退) する方向を見ること)
    ----------
      衰微 (衰退) を望む考えを消滅
    ----------
    「根底にある思考」を手放す。- Being に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。

    (始めに、抵抗を手放します。)

    - Being に抵抗する活動、
    ----------
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A: 衰微 (衰退) を望む考えを消滅させないこと。

    Q: 「私は、衰微 (衰退) を望む考えを消滅させないことへの抵抗を手放しますか?
    A: 「はい」

    注記:例
    「街が衰える。」という考えがある。「根底にある思考」
    の下に、「切り札がない。」という考えがある。
    の下に、「起爆剤がない。」という考えがある。
    の下に、「意欲がない。」という考えがある。
    の下に、「滅亡。」という考えがある。
    ----------
    注記:カルマは、潜在意識に残る欲望が原因で発生します。カルマは考えの中にあります。
    ----------
    (あなたの心ですべての出来事をそれらの始まっている考えまでたどってください。)
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A:衰微 (衰退) 。そして、
    記憶に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないこと。

    Q:「私は、衰微 (衰退) そして、記憶に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないことへの抵抗を手放しますか?
    A:「はい」

    注記:例
    「回復しない。」という考えがある。「抵抗の根底にある思考」
    の下に、「取り返しがきかない。」という考えがある。
    の下に、「過去は変えれない。」という考えがある。
    の下に、「見る影もない。」という考えがある。
    の下に、「昔をしのぶ。」という考えがある。
    -----
    -----
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A: 衰微 (衰退) を望む考えを消滅させること。


    Q: 「私は、衰微 (衰退) を望む考えを消滅させることへの抵抗を手放しますか?
    A: 「はい」

    注記:例
    「街が衰える。」という考えがある。「根底にある思考」
    の下に、「切り札がない。」という考えがある。
    の下に、「起爆剤がない。」という考えがある。
    の下に、「意欲がない。」という考えがある。
    の下に、「滅亡。」という考えがある。

    ----------
    注記:カルマは、潜在意識に残る欲望が原因で発生します。カルマは考えの中にあります。
    ----------
    (あなたの心ですべての出来事をそれらの始まっている考えまでたどってください。)
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A:衰微 (衰退) 。そして、
    記憶に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させること。

    Q:「私は、衰微 (衰退) そして、記憶に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させることへの抵抗を手放しますか?
    A:「はい」

    注記:例
    「方法はある。」という考えがある。「抵抗の根底にある思考」
    の下に、「計画が無い。」という考えがある。
    の下に、「無駄が多い。」という考えがある。
    の下に、「夢がない。」という考えがある。
    の下に、「希望がない。」という考えがある。
    ----------
    注記:レスター・レヴェンソン
    行為においてでない、カルマは考えの中にあります。
    あなたが何かするとき、それが次に行為を扇動することを潜在意識­で持ち越されるのは考えです。
    潜在意識の思案を除いてください、そして、あなたは将来のカルマを除きます。
    生涯から生涯までもう一度持ち運ぶのは、考えです。

    ----------
    抵抗は、潜在意識にある感情や信念を守るために作られた信念です。
    上記の手順で手放すことができます。
    抵抗を手放すと、潜在意識にある感情や信念が、意識にでます。
    次の手順で、手放します。

    (次に、感情のチャートで手放します)
     「感情のチャート」の「感情の状態
     AGFLAP :
     A「無気力・無関心」
     G「悲しみ」
     F「恐れ」
     L「渇望」
     A「怒り」
     P「プライド」
    の状態のどれにあたるかを確認します。
      
     今、感情のチャートの 〜の 状態です。
     今感じている感情を、受け入れます。
     今どんな感情がわき上がっても、

     その感情とただ一緒にいる時間を少し取ってみます。

     Q:「この感情をできるだけ認めることはできますか?」 
     A:「はい」
     Q:「それを手放せますか?」 
     A:「はい」
     Q:「手放しますか?」 
     A:「はい」
     Q:「いつ?」 
     A:「今」

     今感じている感情をいくらか、あるいはすべて手放せると感じられるようになるまで、解放の手順を何度か繰り返しましょう。それから次の感情へ移ります。。( =>> 基本的な欲求 =>> )
    ----------
    感情のチャートの 「感情の状態」である、A「無気力・無関心」の 状態から手放していきます。潜在意識にある感情や信念は、上記の手順で手放すことができます。
    感情のチャートの「感情の状態」を手放すと、潜在意識にある感情や信念が、意識にでます。なくなるまで、繰り返して手放します。
    次に、感情の基礎になる基本的な欲求を手放します。
    基本的な欲求を手放すと、一度に多くの感情を手放せます。手放した感情は、なくなります。
    次の手順で、手放します。

     (そして、感情の基礎となる4つの欲求 (基本的な欲求) を手放します)
     承認・制御・安全・分離
    の欲求の状態のどれにあたるかを確認します。
     今、感情のチャートの 「〜」 の 状態です。
     今感じている感情を、受け入れます。 

        Q:「それは、承認・制御・安全・分離を望むことからきますか?」 
     (「どの欲求ですか?」)
     A:「~の欲求」(と答える。)
     Q:「それを、手放しますか?」 
     A:「はい」(と答える。)

     Q:「それは、承認・制御・安全・分離を望むことからきますか?」 
     (「どの欲求ですか?」) 
     A:「~の欲求」(と答える。)
     Q:「自分自身がそれを手放すことを許しますか?」 
     A:「はい」(と答える。)

     今感じている感情をいくらか、あるいはすべて手放せると感じられるようになるまで、解放の手順を何度か繰り返しましょう。それから次の感情へ移ります。( =>> 感情のチャート =>> )

    ----------
      衰微 (衰退) を望む欲求を消滅
    ----------
    「根底にある思考」を手放す。- Being に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。

    (始めに、抵抗を手放します。)


    - Being に抵抗する活動、
    ----------
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A: 衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないこと。

    Q: 「私は、衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないことへの抵抗を手放しますか?
    A: 「はい」

    注記:例
    「繁栄しない。」という考えがある。「根底にある思考」
    の下に、「発展しない。」という考えがある。
    の下に、「時代にあわない。」という考えがある。
    の下に、「新しいものがいる。」という考えがある。
    ----------
    注記:カルマは、潜在意識に残る欲望が原因で発生します。カルマは考えの中にあります。
    ----------
    (あなたの心ですべての出来事をそれらの始まっている考えまでたどってください。)
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A:衰微 (衰退) 。そして、
    心に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないこと。

    Q:「私は、衰微 (衰退) そして、心に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないことへの抵抗を手放しますか?
    A:「はい」

    注記:例
    「もう、時代遅れだ。」という考えがある。「抵抗の根底にある思考」
    の下に、「もう、古い。」という考えがある。
    の下に、「デザインが悪い。」という考えがある。
    の下に、「パットしない。」という考えがある。
    の下に、「斜陽。」という考えがある。
    -----
    -----
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A: 衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させること。

    Q: 「私は、衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させることへの抵抗を手放しますか?
    A: 「はい」

    注記:例
    「繁栄しない。」という考えがある。「根底にある思考」
    の下に、「発展しない。」という考えがある。
    の下に、「時代にあわない。」という考えがある。
    の下に、「新しいものがいる。」という考えがある。
    ----------
    注記:カルマは、潜在意識に残る欲望が原因で発生します。カルマは考えの中にあります。
    ----------
    (あなたの心ですべての出来事をそれらの始まっている考えまでたどってください。)
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A:衰微 (衰退) 。そして、
    心に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させること。

    Q:「私は、衰微 (衰退) そして、心に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させることへの抵抗を手放しますか?
    A:「はい」

    注記:例
    「言葉がない。」という考えがある。「抵抗の根底にある思考」
    の下に、「不景気だ。」という考えがある。
    の下に、「やることがない。」という考えがある。
    の下に、「閉める。」という考えがある。

    ----------
    注記:レスター・レヴェンソン
    行為においてでない、カルマは考えの中にあります。
    あなたが何かするとき、それが次に行為を扇動することを潜在意識­で持ち越されるのは考えです。
    潜在意識の思考 (思案) を除いてくださいそして、あなたは将来のカルマを除きます。
    生涯から生涯までもう一度持ち運ぶのは、考えです。

    注記:レスター・レヴェンソン
    欲求はそれのための原因です。
    あなたが精神的に元に戻す欲求によってカルマを精神的に元に戻すことができます。
    カルマは、潜在意識に残る欲望が原因で発生します。
    (カルマは、潜在的な心の中に残る欲求に起因します。)

    欲望を削除すると、そのすべての思考を廃棄します。
    あなたが潜在意識からの欲求を取れば、カルマの種子はよりそこにはありません。


    これは最も速いですが、元に戻すカルマの非常に最良の方法です。
    (これは、最も速いです(カルマを元に戻す最善方法))。
    あなたはカルマを元に戻したい場合は、精神的にそれをしてください。
    ----------
    抵抗は、潜在意識にある感情や信念を守るために作られた信念です。
    上記の手順で手放すことができます。
    抵抗を手放すと、潜在意識にある感情や信念が、意識にでます。
    次の手順で、手放します。

    (次に、感情のチャートで手放します)
     「感情のチャート」の「感情の状態
     AGFLAP :
     A「無気力・無関心」
     G「悲しみ」
     F「恐れ」
     L「渇望」
     A「怒り」
     P「プライド」
    の状態のどれにあたるかを確認します。

     今、感情のチャートの 〜の 状態です。
     今感じている感情を、受け入れます。 
     今どんな感情がわき上がっても、
     その感情とただ一緒にいる時間を少し取ってみます。

     Q:「この感情をできるだけ認めることはできますか?」 
     A:「はい」
     Q:「それを手放せますか?」 
     A:「はい」
     Q:「手放しますか?」 
     A:「はい」
     Q:「いつ?」 
     A:「今」

     今感じている感情をいくらか、あるいはすべて手放せると感じられるようになるまで、解放の手順を何度か繰り返しましょう。それから次の感情へ移ります。( =>> 基本的な欲求 )
    ----------
    感情のチャートの 「感情の状態」である、A「無気力・無関心」の 状態から手放していきます。潜在意識にある感情や信念は、上記の手順で手放すことができます。
    感情のチャートの「感情の状態」を手放すと、潜在意識にある感情や信念が、意識にでます。なくなるまで、繰り返して手放します。
    次に、感情の基礎になる基本的な欲求を手放します。
    基本的な欲求を手放すと、一度に多くの感情を手放せます。手放した感情は、なくなります。
    次の手順で、手放します。

     (そして、感情の基礎となる4つの欲求 (基本的な欲求) を手放します)
     承認・制御・安全・分離
    の欲求の状態のどれにあたるかを確認します。
     今、感情のチャートの 「〜」 の 状態です。
     今感じている感情を、受け入れます。

        Q:「それは、承認・制御・安全・分離を望むことからきますか?」 
     (「どの欲求ですか?」)
     A:「~の欲求」(と答える。)
     Q:「それを、手放しますか?」 
     A:「はい」(と答える。)

     Q:「それは、承認・制御・安全・分離を望むことからきますか?」 
     (「どの欲求ですか?」) 
     A:「~の欲求」(と答える。)
     Q:「自分自身がそれを手放すことを許しますか?」 
     A:「はい」(と答える。)

     今感じている感情をいくらか、あるいはすべて手放せると感じられるようになるまで、解放の手順を何度か繰り返しましょう。それから次の感情へ移ります。( =>> 感情のチャート )

    ----------
     潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲望 
    ----------
    「根底にある思考」を手放す。- Being に抵抗する活動、習慣、性格、条項をリストにする。

    (始めに、抵抗を手放します。)


    - Being に抵抗する活動、
    ----------
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A: 潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないこと。

    Q: 「私は、潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないことへの抵抗を手放しますか?
    A: 「はい」

    注記:例
    「ジリ貧。」という考えがある。「根底にある思考」
    の下に、「成長する要素がない。」という考えがある。
    の下に、「効率が悪い。」という考えがある。
    の下に、「決定だがない。」という考えがある。
    の下に、「昔はよかった。」という考えがある。
    ----------
    注記:カルマは、潜在意識に残る欲望が原因で発生します。カルマは考えの中にあります。
    ----------
    (あなたの心ですべての出来事をそれらの始まっている考えまでたどってください。)
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A:衰微 (衰退) (注記:を望む欲求を消滅させないこと)。そして、
    潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないこと。

    Q:「私は、衰微 (衰退) そして、潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させないことへの抵抗を手放しますか?
    A:「はい」

    注記:例
    「もう、だめだ。」という考えがある。「抵抗の根底にある思考」
    の下に、「人が減る。」という考えがある。
    の下に、「活気がない。」という考えがある。
    の下に、「お金がまわらない。」という考えがある。

    -----
    -----
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A: 潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させること。

    Q: 「私は、潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させることへの抵抗を手放しますか?
    A: 「はい」

    注記:例
    「ジリ貧。」という考えがある。「根底にある思考」
    の下に、「成長する要素がない。」という考えがある。
    の下に、「効率が悪い。」という考えがある。
    の下に、「決定だがない。」という考えがある。
    の下に、「昔はよかった。」という考えがある。

    ----------
    注記:カルマは、潜在意識に残る欲望が原因で発生します。カルマは考えの中にあります。
    ----------
    (あなたの心ですべての出来事をそれらの始まっている考えまでたどってください。) レスター・レヴェンソン
    Q:「私は、何に抵抗しますか?
    A:衰微 (衰退) (注記:を望む欲求を消滅させること)。そして、
    潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させること。

    Q:「私は、衰微 (衰退) そして、潜在意識に残る衰微 (衰退) を望む欲求を消滅させることへの抵抗を手放しますか?
    A:「はい」

    注記:例
    「衰退する。」という考えがある。「抵抗の根底にある思考」
    の下に、「時代の流れだ。」という考えがある。
    の下に、「方法がない。」という考えがある。
    の下に、「人がいない。」という考えがある。
    の下に、「生活ができない。」という考えがある。
    ----------
    注記:レスター・レヴェンソン
    行為においてでない、カルマは考えの中にあります。
    あなたが何かするとき、それが次に行為を扇動することを潜在意識­で持ち越されるのは考えです。
    潜在意識の思考 (思案) を除いてくださいそして、あなたは将来のカルマを除きます。
    生涯から生涯までもう一度持ち運ぶのは、考えです。

    注記:レスター・レヴェンソン
    欲求はそれのための原因です。
    あなたが精神的に元に戻す欲求によってカルマを精神的に元に戻すことができます。
    カルマは、潜在意識に残る欲望が原因で発生します。
    (カルマは、潜在的な心の中に残る欲求に起因します。)

    欲望を削除すると、そのすべての思考を廃棄します。
    あなたが潜在意識からの欲求を取れば、カルマの種子はよりそこにはありません。


    これは最も速いですが、元に戻すカルマの非常に最良の方法です。
    (これは、最も速いです(カルマを元に戻す最善方法))。
    あなたはカルマを元に戻したい場合は、精神的にそれをしてください。
    ----------
    抵抗は、潜在意識にある感情や信念を守るために作られた信念です。
    上記の手順で手放すことができます。
    抵抗を手放すと、潜在意識にある感情や信念が、意識にでます。
    次の手順で、手放します。

    (次に、感情のチャートで手放します)
     「感情のチャート」の「感情の状態
     AGFLAP :
     A「無気力・無関心」
     G「悲しみ」
     F「恐れ」
     L「渇望」
     A「怒り」
     P「プライド」
    の状態のどれにあたるかを確認します。

     今、感情のチャートの 〜の 状態です。
     今感じている感情を、受け入れます。 
     今どんな感情がわき上がっても、
     その感情とただ一緒にいる時間を少し取ってみます。

     Q:「この感情をできるだけ認めることはできますか?」 
     A:「はい」
     Q:「それを手放せますか?」 
     A:「はい」
     Q:「手放しますか?」 
     A:「はい」
     Q:「いつ?」 
     A:「今」

     今感じている感情をいくらか、あるいはすべて手放せると感じられるようになるまで、解放の手順を何度か繰り返しましょう。それから次の感情へ移ります。( =>> 基本的な欲求 )
    ----------
    感情のチャートの 「感情の状態」である、A「無気力・無関心」の 状態から手放していきます。潜在意識にある感情や信念は、上記の手順で手放すことができます。
    感情のチャートの「感情の状態」を手放すと、潜在意識にある感情や信念が、意識にでます。なくなるまで、繰り返して手放します。
    次に、感情の基礎になる基本的な欲求を手放します。
    基本的な欲求を手放すと、一度に多くの感情を手放せます。手放した感情は、なくなります。
    次の手順で、手放します。

     (そして、感情の基礎となる4つの欲求 (基本的な欲求) を手放します)
     承認・制御・安全・分離
    の欲求の状態のどれにあたるかを確認します。
     今、感情のチャートの 「〜」 の 状態です。
     今感じている感情を、受け入れます。

        Q:「それは、承認・制御・安全・分離を望むことからきますか?」 
     (「どの欲求ですか?」)
     A:「~の欲求」(と答える。)
     Q:「それを、手放しますか?」 
     A:「はい」(と答える。)

     Q:「それは、承認・制御・安全・分離を望むことからきますか?」 
     (「どの欲求ですか?」) 
     A:「~の欲求」(と答える。)
     Q:「自分自身がそれを手放すことを許しますか?」 
     A:「はい」(と答える。)

     今感じている感情をいくらか、あるいはすべて手放せると感じられるようになるまで、解放の手順を何度か繰り返しましょう。それから次の感情へ移ります。( =>> 感情のチャート )

    ----------
    ----------
    blogger ページ内リンク メモ

    <head>
    <script src='http://www.kryogenix.org/
    code/browser/smoothscroll/smoothscroll.js'/>
    <head/>
     
    <a href="URL#test">テスト</a> 
     (URL+#アンカー名 にしないとリンクできない。)
    <div id="test">スクロール</div> 
     (スクロール先:a name は使えない。)

    テスト
    スクロール

    参考サイト:
    Bloggerでページ内リンクを滑らかにスクロールさせるJavasvript利用方法 

    ページ内ジャンプ HTML <a>
    ----------

    2014年6月13日金曜日

    失敗 -「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する習慣、 - 02


    失敗 -「私は、何に抵抗しますか?」- Doing に抵抗する習慣、 - 02 

    制限を回復するには - 説明と開放の手順 - 5. いい感情を手放す 


    自己の制限のない自然な状態が、Beingness である。

    「存在の状態 (Beingness)」は、
    「健康」も「不健康・病弱 (病気)」もありません。
    「幸福」も「不幸」もありません。
    「繁栄」も「衰微 (衰退)」もありません。
    「成功」も「失敗」もありません。
    「豊か」も「乏しい」もありません。
    「富む」も「貧しい」もありません。
    「好き」も「嫌い」もありません。
    「善」も「悪」もありません。
    「平和」も「戦争」もありません。
    「憎」も「憂い・愁い」もありません。
    愛と喜びに満ちた、
    平安と静寂だけが、あります。








  • 「健康」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「幸福」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「繁栄」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「成功」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「豊か」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「富む」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「好き」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「善」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「平和」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「愛」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「喜び」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。

  •  感情のチャートの「勇気」「受容」「平安」と悟りの段階は、一致しています。

     「無気力・無関心」から「プライド」の状態は、エゴとマインド (自我) が、主体 (私) になり、Having, Doing, Being しています。
     社会的に有名になり成功して繁栄している人が、数多くいます。

     「勇気」「受容」「平安」(悟りの段階) に入っている人は、雰囲気や
     「見ためではわかりません。」

     唯一の違いは、「私が肉体ではない。」という事実を受け入れています。自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れています。
     (この世界は、「諸行無常」である。万物流転する。実在しない。心が作り出した幻である。変化して滅ぶものである。変わらない物は無い。この世界に真理は無い。)

    レスター・レヴェンソンのリリーシングは、自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れます。
    自分を変えることではなく、エゴとマインド (自我) が、作り出した制限を手放すことで、制限のない状態が、自然に現れるようになります。

     「イメージング (ヴィジュアライゼーション)」や「ポジティブシンキング」や「アファメーション」などは、取り入れなくてもできます。

    例:Doing に抵抗する習慣

    「失敗」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。 

    「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している環境を得て生活を送るようになりました。」

    お金を持たないこととお金を持つこと








  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収入のある生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した投資から収益を得ている生活を送るようになりました。」

    家を持たないことと家を持つこと

  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収益を得ている生活を送るようになりました。」

  • ページ内リンク (スクロールします)


    2014年6月12日木曜日

    乏しい -「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する習慣、 - 03


    乏しい -「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する習慣、 - 03 


    制限を回復するには - 説明と開放の手順 - 5. いい感情を手放す 


    自己の制限のない自然な状態が、Beingness である。

    「存在の状態 (Beingness)」は、
    「健康」も「不健康・病弱 (病気)」もありません。
    「幸福」も「不幸」もありません。
    「繁栄」も「衰微 (衰退)」もありません。
    「成功」も「失敗」もありません。
    「豊か」も「乏しい」もありません。
    「富む」も「貧しい」もありません。
    「好き」も「嫌い」もありません。
    「善」も「悪」もありません。
    「平和」も「戦争」もありません。
    「憎」も「憂い・愁い」もありません。
    愛と喜びに満ちた、
    平安と静寂だけが、あります。












  • 「健康」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「幸福」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「繁栄」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「成功」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「豊か」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「富む」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「好き」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「善」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「平和」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「愛」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「喜び」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。

  •  感情のチャートの「勇気」「受容」「平安」と悟りの段階は、一致しています。

     「無気力・無関心」から「プライド」の状態は、エゴとマインド (自我) が、主体 (私) になり、Having, Doing, Being しています。
     社会的に有名になり成功して繁栄している人が、数多くいます。

     「勇気」「受容」「平安」(悟りの段階) に入っている人は、雰囲気や
     「見ためではわかりません。」

     唯一の違いは、「私が肉体ではない。」という事実を受け入れています。自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れています。
     (この世界は、「諸行無常」である。万物流転する。実在しない。心が作り出した幻である。変化して滅ぶものである。変わらない物は無い。この世界に真理は無い。)

    レスター・レヴェンソンのリリーシングは、自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れます。
    自分を変えることではなく、エゴとマインド (自我) が、作り出した制限を手放すことで、制限のない状態が、自然に現れるようになります。

     「イメージング (ヴィジュアライゼーション)」や「ポジティブシンキング」や「アファメーション」などは、取り入れなくてもできます。

    例:Having に抵抗する習慣

    「乏しい」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。 

    「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している環境を得て生活を送るようになりました。」

    お金を持たないこととお金を持つこと












  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収入のある生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した投資から収益を得ている生活を送るようになりました。」

    家を持たないことと家を持つこと

  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収益を得ている生活を送るようになりました。」
  •  

    ページ内リンク (スクロールします)
     

    貧しい -「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する習慣、 - 02


    貧しい -「私は、何に抵抗しますか?」- Having に抵抗する習慣、 - 02 

    制限を回復するには - 説明と開放の手順 - 5. いい感情を手放す 


    自己の制限のない自然な状態が、Beingness である。

    「存在の状態 (Beingness)」は、
    「健康」も「不健康・病弱 (病気)」もありません。
    「幸福」も「不幸」もありません。
    「繁栄」も「衰微 (衰退)」もありません。
    「成功」も「失敗」もありません。
    「豊か」も「乏しい」もありません。
    「富む」も「貧しい」もありません。
    「好き」も「嫌い」もありません。
    「善」も「悪」もありません。
    「平和」も「戦争」もありません。
    「憎」も「憂い・愁い」もありません。
    愛と喜びに満ちた、
    平安と静寂だけが、あります。













  • 「健康」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「幸福」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「繁栄」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「成功」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「豊か」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「富む」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「好き」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「善」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「平和」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「愛」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。
  • 「喜び」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。

  •  感情のチャートの「勇気」「受容」「平安」と悟りの段階は、一致しています。

     「無気力・無関心」から「プライド」の状態は、エゴとマインド (自我) が、主体 (私) になり、Having, Doing, Being しています。
     社会的に有名になり成功して繁栄している人が、数多くいます。

     「勇気」「受容」「平安」(悟りの段階) に入っている人は、雰囲気や
     「見ためではわかりません。」

     唯一の違いは、「私が肉体ではない。」という事実を受け入れています。自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れています。
     (この世界は、「諸行無常」である。万物流転する。実在しない。心が作り出した幻である。変化して滅ぶものである。変わらない物は無い。この世界に真理は無い。)

    レスター・レヴェンソンのリリーシングは、自己の制限のない自然な状態が、Beingness であることを、受け入れます。
    自分を変えることではなく、エゴとマインド (自我) が、作り出した制限を手放すことで、制限のない状態が、自然に現れるようになります。

     「イメージング (ヴィジュアライゼーション)」や「ポジティブシンキング」や「アファメーション」などは、取り入れなくてもできます。

    例:Having に抵抗する習慣

    「貧しい」を望む欲求を手放すことで、潜在意識に残る欲求を消滅します。 

    「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している環境を得て生活を送るようになりました。」

    お金を持たないこととお金を持つこと














  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収入のある生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した投資から収益を得ている生活を送るようになりました。」

    家を持たないことと家を持つこと

  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かに繁栄している生活を送るようになりました。」
  • 「私は、今この瞬間に、本当に幸福で豊かな継続した収益を得ている生活を送るようになりました。」
  •  

    ページ内リンク (スクロールします)